ドローン空撮するならSORATORU

空撮のご依頼は、下記内容をご確認頂きご連絡下さい


ドローン空撮の概要

4Kの美しい空撮映像を企業のイメージ、地域のPR、各種イベントなどのご紹介に使いませんか?


使用する機体



基本料金


4K動画
基本料金 50,000円~
空撮時間 20分~
撮影予備日 1日~
・撮影した動画から有効なカットを抽出しデータをお渡しします。

・ご要望に応じて動画編集も承ります。

 

静止画
基本料金 30,000円~
空撮時間 20分~
撮影予備日 1日~
・撮影した静止画から有効なカットを抽出しデータをお渡しします。

・ご要望に応じて画像編集も承ります。

撮影地によって高速料金・燃料代等の移動費の実費が加算されます。

遠隔地で宿泊が伴う場合、宿泊費の実費が加算されます。

撮影地の状況によって操縦者の他に安全管理者を2名以上配置して撮影を行う場合もあり、その場合は人数分の人件費が加算されます。


撮影場所の事前確認(現地調査)


■ 空撮予定地・周囲の事前調査

●飛行禁止エリアの確認
●飛行ルートの確認(障害物・高圧線・等)
●ロケハンには高速料金・燃料代等の移動費等が実費加算されます。


安全対策


■ 航空法・電波法を遵守した「安心安全」なフライト

■ 損害賠償責任保険(対人・対物)に加入済

■「安全第一」を念頭に、万が一のリスクヘッジ


注意事項


■ 上空の視界が良好で風速が地上で5m/s 程度以下が撮影条件となります。

●風速5m/s を超えても飛行は可能ですが、映像にブレが生じる可能性が高いので、お勧めしません。
●風速5m/s を超えると機体が安定せず事故の原因となりますので、操縦者の判断で撮影を中止することもあります。
●雨天・濃霧は空撮できません。
●離着陸には水平で十分なスペースが必要です。

下記の場所や条件での空撮はできませんのでご了承ください

*高速道路・鉄道・空港およびその近隣・電波障害が考えられる場所(送電線・鉄塔の近隣)
*公共交通機関・幹線道路の横断や縦断するような空撮
*プライバシーの侵害・反社会的な行為にあたる空撮
*公序良俗に反する空撮


許可・申請


■ 撮影場所・撮影対象により届出が必要な場合があります。

●土地所有者(個人・団体等)の許可
●周辺の住民の方々や自治体・行政機関へ事前連絡

空撮のご依頼は以下のフォームからご連絡下さい。